スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥皮で作る酒のつまみ【下処理と煮込み】

最近、鳥皮料理がマイブームです。

コラーゲンたっぷり、旨味もあって、それでいて安い!
お酒の肴に最適な鳥皮料理を幾つか挙げてみます。
*下準備
1)買ってきた鳥皮は軽く洗います。
2)鍋にお湯を沸かして鳥皮を入れます。

このとき、鍋の湯をスープにするつもりなら長ネギの青い所や、潰したニンニク、セロリ・ショウガなど香味野菜を入れておきましょう。
中華風ならネギ・ニンニク・ショウガ。洋風ならセロリ・キャベツの芯といった具合ですね。

3)10分ほど茹でます。匂いが気になる人は一度茹でこぼしても良いと思います。

4)鳥皮を取り出します。使う分以外は冷凍しておくのも良いと思います。
出た大量の油は紙に吸わせて捨てるか、炒め物やチャーハン等に利用してください。


これで下準備完了!スープはネギや野菜等入れても良いし、カレーに入れてもいいと思います。

コレを利用して作る鳥皮料理

鳥皮入り煮込み

モツ煮込みのモツの部分を鳥皮に変えたもの。
独特の歯ごたえはモツの勝ちですが鳥皮は旨味があるのでとても合います。
味噌も合いますが、醤油の方があっさりしていると思います。

*材料

鳥皮(下処理済)
大根
コンニャク(ゆがいておく)
ゴボウ
ショウガ
醤油
出汁みりん

砂糖(少量)
味噌(少量


1)大根とコンニャクは同じ大きさに切ってください。鳥皮はそれより少し小さめに。ショウガはスライスで

2)ゴボウは笹がきにして水に晒して、アクを抜いてください。

3)1・2の材料を鍋に入れて水をいれ、煮込みます。水は多目が良いでしょう。

4)調味料を砂糖と味噌以外全部入れて下さい。

5)アクと油が浮いてきたら取ります。

6)砂糖と味噌を入れます。味噌は隠し味扱いなので、ごく少量に。
あくまで醤油ベースです。

7)火を止めます。冷めると材料に味がしみますので、
冷めたらまた火を入れ沸騰させて・・・と何度か繰り返すといっそう味が良くなります。
夜入れる→朝入れる→帰ってきてもう一度→晩酌へw
というサイクルだと良いかと。食べたくても次の日の方がずっとおいしいです。

8)こってりと煮込まれたら、刻みネギ、七味等をふりいただいて下さい。

焼酎や日本酒に合います♪また、温かいご飯にも合いますよ!
スポンサーサイト

テーマ : 酒の肴 - ジャンル : グルメ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。